スーパーライトジギング(SLJ)のタックル

湟打船長ブログ

ハイシーズンに入ってきたスーパーライトジギング(SLJ)

タックルの問い合わせが多くなってきましたので、以下参考にして下さい。

<ロッド>

専用のものが販売されていて安価のものもあります。バスロッドやシーバスロッドでも代用OKです。

<リール&ライン>

スピニング、ベイトどちらでもOKですが、キャスティングで斜め引きもできるのでスピニングが有利です。スピニングのサイズは2500~3500番クラス、道糸はPE0.8~1号、リーダーは3~5号です。細いように思われる方も多いですがメジロクラスの青物も十分にキャッチ可能です。注意してもらいたいのはラインの傷です。お祭りなのでPEが絡んだ場合必ずチェックして下さい。少しでも傷がある場合は思い切ってラインを捨ててシステムを組み直しが必要です。当船では大物がかかって何度もPEの高切れを目撃しています。

<ジグ>

50g前後、当船でよく釣れているカラーは、ミドキン、アカキン、ゼブラグローです。釣果情報に釣れた魚の写真にジグも写っていることが多いので参考にしてみてください。

タックルが軽くて多魚種が釣れるスーパーライトジギング、初めての方も大物キャッチ続出中です。レンタルタックルもご用意していますので是非チェレンジしてみてくださいね。


一覧に戻る

釣果検索

月別一覧